« 2019年1月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年8月12日 (月)

富士山初登頂(須走ルート)

68415758_2386433674784564_57200499646424

一生に一度は富士山へ。8月11日(日)山の日にとうとう登りました。

■6:00須走口五合目(標高1,970m)をスタート。

七合目近くまでは低木の緑が見られます。

七合目以上は、砂礫と溶岩の斜面・・・が続きます。

山頂付近も眺めながら、また、振り返れば雄大な展望も広がります。

六合目、本六合目、七合目、本七合目、八合目、本八合目、八号五勺・・・

要所の山小屋でしっかりと休憩を取りながら進みます。

本八合目で吉田ルートと合流し、12:20吉田口・須走口頂上(3715m)に到着。

とうとうやりました~。

(登り6時間20分、コースタイム7時間)

 

■お鉢めぐり

日本最高所の絶景スポット山頂火口をぐるっと一周。

日本最高峰(3776m)にも立ちました。やった~。

(剣ヶ峰で撮影待ちのため山頂滞在2時間25分、予定より15分遅れ)

(お鉢めぐりのコースタイム1時間20分)

 

14:45下山スタート。

八合目まで吉田ルートと共通の下山道。

七合目からは砂の斜面を一直線に下る豪快な砂走り・・・

須走ルートは、富士山登頂4ルートの中では最も景観の変化に富んでいるルートのようです。

17:30須走口五合目に到着やった~。(下り2時間45分、コースターム3時間50分)

 

息苦しさ、眩しい青空・・・身体と心に大きな刺激を受けました。

(11時間30分、コースタイム12時間)

 

吉田ルート:17.4キロ、標高差1,471m、11時間半、約3,200人

須走ルート:16.1キロ、標高差1,806m、12時間、約580人

御殿場ルート:20.8キロ、標高差2,336m、14時間、約480人

富士宮ルート:12.2キロ、標高差1,386m、11時間、約1,700人

 

〇装備品
■ポシェット、リュックサック6L(小さすぎ)
中には・・・レインウエア、シャツの替え、タオル
行動中の食べ物、水500×4本、バフ(マスク)
日焼け止め、ウェットティシュ
■ボディ
キャップ、サングラス、手袋
Tシャツ、下に長袖の野球アンダーシャツ
パンツ、ゲーター(筋肉)、ソックス、
ゲーター(砂侵入防御)、トレランシューズ

  67751317_2386433298117935_12342778230996

〇リザルト

※高山病対策:ダイアモックス・・・これは重要。
 たまたま頂いて大助かり。
 結局、下山後も頭が痛かった・・・。
※水は3本購入。
 食べ物はゼリーばかりでしたので、余りました。
 山小屋で購入するのも楽しみの一つ
※砂走にはゲーターは必須。持って行って正解
※ポールはある方が便利。
※大きめのリュックが要る。



| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年11月 »