« 90.2こんな1週間でした | トップページ | ボウリング »

2012年1月22日 (日)

ローマの休日(Roman Holiday 、1953、米)

ローマの休日(Roman Holiday<br />
 、1953、米)
王女と新聞記者との切ない恋の一日。トレビの泉や真実の口などローマの名だたる観光スポットが登場。
最も印象的な場所は、ラストの記者会見場。コロンナ宮殿で撮影されており、大理石の床にフレスコ画に覆われた巨大なサロンは圧巻。現在、美術館として公開中。
なお、新人ヘプバーンの女優としての力量を引き出すため、真実の口のシーンの撮影では、真実の口に手を突っ込んだペックは、本当に手を噛みちぎられたようにアドリブで演じたとのこと。ヘプバーンは驚きのあまり、本気で叫び声を上げ、素のリアクションを見せています。

アン王女(アーニャ・スミス):オードリー・ヘプバーン
ジョー・ブラッドレー:グレゴリー・ペック
監督:ウィリアム・ワイラー
脚本:イアン・マクレラン・ハンター/ダルトン・トランボ
配給:パラマウント映画

|

« 90.2こんな1週間でした | トップページ | ボウリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローマの休日(Roman Holiday 、1953、米):

« 90.2こんな1週間でした | トップページ | ボウリング »