« 橋梁の長寿命化 | トップページ | 道路照明灯(H21.7 ) »

2009年12月 2日 (水)

道路橋の損傷の特徴

①鋼橋主部材の損傷は・・・
腐食(塗装劣化)が大部分。桁端部において桁及び支承の腐食が特に顕著!
→伸縮装置にて止水されているはずの橋面水が漏水しており、伸縮装置の止水材の脱落・破損や古い橋梁の防水層未施工が原因。
②PC橋主部材の損傷は・・・
遊離石灰が大部分。床版の損傷は、ほとんどが床版ひびわれ。

|

« 橋梁の長寿命化 | トップページ | 道路照明灯(H21.7 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道路橋の損傷の特徴:

« 橋梁の長寿命化 | トップページ | 道路照明灯(H21.7 ) »