« 地球が静止する日(2008 、米) | トップページ | 大晦日 »

2008年12月28日 (日)

篤姫 (2008 、NHK大河ドラマ)

篤姫 (2008<br />
 、NHK大河ドラマ)
原作・宮尾登美子、脚本・田渕久美子、音楽・吉俣良、主演・宮崎あおい。全50話。
主人公は、江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である篤姫(のちの天璋院)。

江戸幕府末期、鎖国状態にあった日本が諸外国からの脅威に晒され、動乱を極めていた時代に、歴史の影で活躍した主人公・篤姫をはじめとする女性達の姿に焦点が当てられている。
ホームドラマ的要素を強め、夫婦や家庭での日常、さらに篤姫が自分にとっての家族(=大奥の女性達)を最後まで守り抜き、その中で一途に平和を願い続ける姿が深く描かれます。
また、これまで歴史の影に隠れがちだった薩摩藩家老・小松帯刀にも焦点が当てられました。他に勝海舟・坂本龍馬・西郷隆盛のような一般的に知名度の高い人物も登場し、彼らが新時代に向けて奔走する様子も描かれます。

これまで視聴率が芳しくなかった「幕末大河」でしたが、女性層の支持を背景に高視聴率を維持。
全50回の平均視聴率は24.5%。幕末を舞台とした大河ドラマとして過去最高、過去10年の大河ドラマとしても、2002年『利家とまつ』の22.1%を抜いて、最高視聴率だったとのこと。

宮崎あおいの演技、素晴らしいとの評判。納得です。
一方、1000人もの大奥女中の総取締役を務める老女、滝山(稲森いずみ、1972年3月19日生)は、常に表情を崩さず、冷静沈着。それ故、局面での涙はグッときます。

お疲れさま。さあ、次回大河にも期待です・・・

|

« 地球が静止する日(2008 、米) | トップページ | 大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫 (2008 、NHK大河ドラマ):

« 地球が静止する日(2008 、米) | トップページ | 大晦日 »