« こんな一週間でした | トップページ | こんな一週間でした »

2008年11月 9日 (日)

Cold Case

Cold Case
アメリカ合衆国CBSで放送されている刑事ドラマ。(2003年〜)
製作総指揮は「CSI:科学捜査班」シリーズなどを手掛けたジェリー・ブラッカイマーとメレディス・スティーム。
フィラデルフィアを舞台に、未解決の殺人事件(通称、コールドケース)を女性刑事、リリー・ラッシュを中心とする殺人課のメンバーが解決していきます。
独特の演出により、引き込まれてしまいます。
①一話完結タイプ。
②BGM→事件が起こった当時の懐メロを数多く使用して、ノスタルジックな雰囲気を醸し出し。
③ビジュアル→回想シーンでは現在のシーンとの差別化。回想シーンは格段に凝った映像に。
※エピソードや描かれる時代によっても、それぞれ演出は変わり、白黒やセピア調、中にはホームビデオで撮られた様な粗い画質に加工されているエピソードも。その上で、更に当時の流行歌をバックに流すことによって、雰囲気をより一層高めている。
④組み立てもワンパターン。(1)事件前の被害者とその周辺の様子。(2)事件が発生。被害者の死体と解決されないまま箱に詰められた捜査資料が、未解決事件の棚へと移される。
(3)現在。とあるきっかけで事件が動き出し、再捜査が開始。(⇒オープニングクレジット)
(4)事件の再捜査。主に関係者の聞き込みで進む。関係者の証言(回想)を通じて当時の様子がヒット曲と共に描かれる。
(5)事件が解決(クロージングシーン)。当時の音楽をバックに、事件の当事者たちのその後が数分間のシーンに描かれる。(⇒エンドクレジット)
※関係者との対面時、現在の関係者の姿から当時の関係者の姿へとフラッシュバックするシーンが挿入される。クロージングシーンでも同じくフラッシュバックが登場する。解決後は現代の登場人物(大抵はリリー)が不意に現れる事件の被害者と視線を合わせているように見える一種幻想的なシーンで番組は終了する。

リリー・ラッシュ(キャスリン・モリス、 1969年1月28日) :主人公。フィラデルフィア市警殺人課刑事。

|

« こんな一週間でした | トップページ | こんな一週間でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cold Case:

« こんな一週間でした | トップページ | こんな一週間でした »