« こんな一週間でした | トップページ | こんな一週間でした »

2008年6月30日 (月)

島耕作、いよいよ社長に就任

島耕作、いよいよ社長に就任
漫画雑誌「モーニング」(講談社)に1983年から1992年まで掲載された弘兼憲史の漫画『課長島耕作』。そのシリーズ作品が『部長島耕作』『取締役島耕作』『常務島耕作』『専務島耕作』。いよいよ『社長島耕作』(2008年6月)がスタート。
島耕作は、揺れ続ける社内派閥の動向の中でも、自身の信念のみに従って行動する人物として描かれ、度重なる苦難に直面しても前進する意思と幸運さで、すべて乗り切ってしまいます。苦難を乗り切る過程では、知人の探偵を駆使したミステリー仕立ての冒険活劇が展開されるほか、部下や女性(必ずと言っていいほど、美しい女性がつきまとう)がいつの間にか全てを解決してくれることも多く、運にも恵まれます。ただし、温かい家庭はありません・・・
サラリーマンのサクセス・ストーリーとして、『部長島耕作』から愛読しています。主人公が目立ち過ぎないのが、良いのかも知れません。
テレビ版の放映(6/25)では、島耕作:高橋克典、大町久美子:松下奈緒、木暮久作:高知東生、馬島典子:高岡早紀。
今後の展開を大いに期待できる内容でした。

|

« こんな一週間でした | トップページ | こんな一週間でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島耕作、いよいよ社長に就任:

« こんな一週間でした | トップページ | こんな一週間でした »