« こんな一週間でした | トップページ | 工区毎の連絡先 2008.5.31 »

2008年5月31日 (土)

A STORY OF THE AGE 2003

A STORY OF THE AGE 2003
「年齢の物語 主人公はあなたです」(G.B.、287p、G.B.年齢の物語制作委員会/著、2003(H15)年9月)
40歳から46歳までを読みました。壮年期(40歳〜49歳)は、成年期を過ぎ、実年期に向かう過渡期の時代なんですね。
40歳(H17)第二の人生の始まりか、それとも・・・・・・
41歳(H18)不倫適齢期
42歳(H19)成人病に侵された友へ
43歳(H20)暗くなるまで待って
44歳(H21)子育ての次には親の介護がやってくる?
45歳(H22)子は親の鏡、娘は母親の鏡?
46歳(H23)男にも更年期があるのか。最後のあがきへ
0歳〜120歳を年齢ごとに綴る日本人の物語。日本人のさまざまな平均値をもとに綴られるある男女の物語を通じて、日本人が年齢ごとに迎える文化的行事、著名人の功績やエピソードなどがわかります。

|

« こんな一週間でした | トップページ | 工区毎の連絡先 2008.5.31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A STORY OF THE AGE 2003:

« こんな一週間でした | トップページ | 工区毎の連絡先 2008.5.31 »